こんにちは。青山赤坂会計事務所の小栗直哉です。

今回は「ふるさと納税」についてお伝えしようと思います。

 

1.ふるさと納税=寄付金

朝の駅前で、赤い羽根募金に募金したことはあるでしょうか。

ユニセフや国境なき医師団等に寄付したことはあるでしょうか。

これらと「ふるさと納税」は性格的に同じです。

どこに、寄付するかの違いになります。(ふるさと納税は地方自治体への寄付になります)

 

2.ふるさと納税は節税なのか

皆様の中には、

「ふるさと納税すれば、税金が少なくなる」

と考えている方が、いらっしゃるかもしれません。

これは誤解です。

ふるさと納税は、あくまでも、住民税(所得税)の前払いです。

したがって、財布から出ていく税金の金額は、ふるさと納税の有無で変わりません。

 

3.では、なぜふるさと納税はお得なのか

所得税や住民税をいくら多額に納税しても、特典はありません。

ところが、ふるさと納税の場合、その寄付額の約30%に相当する経済的利益を得ることができます。

この意味で、ふるさと納税≠節税ですが、ふるさと納税=節約には繋がります。